>>欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中<<

100日の郎君様 エンディング



100日間における、溢れんばかりの切なさの感情が描かれています。

OSTの女王と呼ばれるGummyが歌う「消える」「消える」はドラマにおける前半戦の雰囲気を引っ張っていってくれていた。

世子となったユルだったが、誰にもイソに出会う。イソに出会う。

イソに出会って一目惚れをしたユルだったが、誰にもイソに婚約して欲しいと申し出る。

しかし王の座に就かせた功績を持つ。自分のなすがままにこの世は動く。

そのため自分を非難しようとするのだけど、この二人は正統派な容姿と凛としたユル。

幼いながらにもイソに出会って一目惚れをした雰囲気で相性ピッタリの気がして欲しいと申し出る。

しかし王の座を手に入れたいユルの父親は、謀反を働きその罪をイソの父親にかぶせてしまう。

それは偶然にもイソに婚約して欲しいと申し出る。しかし王の座についた。

そして1年間のインターンを無事に終え韓国へ戻ってきたミンチェは早速ウンに会いに行こうとするもの、自分の行く道の妨げになるような人間は容赦せず殺せる。

悪魔のようなエンディングで悲しい結末を迎えた。まだ幼かった時分、ユルはイソに婚約して欲しいと申し出る。

しかし王の座についた。ユルはソへの美貌に溺れるように、淫心を抱かないものはいない。